ボックスフラワー電報の種類

最近では、沢山のフラワー電報が登場しています。スマートフォンなどから「ボックスフラワー」で検索すると全国各地のお花屋さんが作った色とりどりのボックスフラワーの画像を見る事ができると思います。ボックスフラワーは非常に個性が出てきます。その為、小さ目のボックスフラワーであったり、可愛らしいボックスフラワー。繊細なボックスフラワーなど色々なボックスフラワーの画像を見る事ができます。

ボックスフラワーには、大きく分けて2種類あります。ブリザードフラワーという生のお花や葉っぱを特殊な液につけ水分を抜いたタイプのボックスフラワーと、みずみずしい生花タイプのボックスフラワーです。ブリザードフラワーのメリットとしては、既に加工されておりますので、長期間保存し楽しむ事ができます。生花のボックスフラワーの場合には、自然な状態で送っておりますので、長く持っても10日前後が一般的です。

また、ブリザードフラワーは生花タイプと比べて非常にリーズナブルな価格になっております。生花タイプはお花の値段によってかなり値段が上下しますので、本当に高い胡蝶蘭などを使用すると30万円もかかってしまうケースもありますが、季節のお花で小さめのボックスでしたら5千円前後から受付ているところもあります。ブリザードフラワーの場合には、加工する花がある程度決まっておりますので高くても3万円程度となっております。